道具

鍼供養

鍼供養

毎日私が臨床でお世話になっている「鍼」

基本的には1度使用したら、廃棄するディスポーザブルの医療用品です。

ためていた廃棄ボックスが満杯になり、通常ですと、業者さんに引き取りに来ていただくのですが、このまま廃棄するのも何だか申し訳ない気分になったので、供養していただく事にしました。

この量で、約1万名の方に使わせて頂いた鍼です。

この廃棄される鍼たちを眺めていると、様々な想いが蘇ってきました。

あの人の腰痛、この人のメンタル疾患、パーキンソン、顔面神経麻痺…。

様々な病や痛みに、僕の手先・道具として活躍してくれました。

これをただの「もの」「ゴミ」として廃棄するのは心残りです。

この鍼に宿った「念」をしっかりと昇華させてあげて、葬ってあげたいと思いました。

今回お願いしたのは、一鍼灸院から徒歩5分ほどの所にある「慈唱院」さん

私より少し年上のイケメン和尚さんです。

人生初の護摩行にわくわくドキドキ。

厳かな祝詞と共に、行が始まりました。

「陰陽五行の法をもって、人々の病苦を癒し…」

道具としての鍼は、ただの針金ですが、鍼職人や鍼灸師の手によって、さまざまな病に立ち向かう強力な武器となります。

役目を終えた鍼たちを称え、感謝する祝詞を聞いていると、私の心も癒され、すっきりとしました。

まるで、子どもの卒業式に出席しているかのような気分でした。

これからも、日々使う道具(鍼に限らず)を大切に、そして感謝して扱っていきたいと思います。

ありがとうございました。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top