トレーニング

伊勢志摩ナショナルパークトレイルランレース

2020年の走り初めは、昨年の忍者トレイルに続いて、トレイルランニングに参戦してきました。

伊勢自動車道玉城インターから約30分、南伊勢町役場に到着しました。

人通りの少ない町中に、ウインドブレーカーを着たスタッフの方がたくさん立っていて、道案内をされていました。

受付を済ませて、会場へ、

なにやらかわいらしいマスコットキャラクター発見!

一緒に写真を撮ってもらいました。

南伊勢町のマスコットキャラクター「タイミー」ちゃん。

特産品の鯛の鯛太郎とみかんのミータン がハートの入り江で出逢い、結婚して生ま れたそうな…。

そんなこんなでスタートです。

私の参加したロングコース(24km)は、300名超の参加者で、みなさん装備も本格的でした。

なんちゃってランナーで、地下足袋の私は、いろんな人から声をかけてもらいました。

コースはいきなりの登り坂。

馬山山頂まで、160m程の高度を登ります。当然みなさん徒歩。

ハアハア息を切らせながら、走っていると、絶景が待っていました。馬山山頂です。

リアス式海岸の伊勢湾が一望できるスポットです。

少し息を整えて、走り始めると今度は鳥居が見えてきました。

浅間山山頂へ続く石段です。

ここからが地獄の坂道です…。

傾斜30度はあろうかという急こう配を這うようにして歩いていくと、その先には先の見えない石段が…。

太ももにかかる負担がきつくて、途中、四つん這いで登っていました(笑)。

長~い石段を登りきると急に景色が開け、絶景が現れました。

浅間山山頂です。

ここからは下り。

とことこ走っていくと、エイド(補給所)に着きました。名産品のみかんを頬張りながら、

「ここで何キロ地点ですか?」

と尋ねると、

「5キロくらいですよ」

と衝撃的な返答が… まだ5分の1。

気を取り直して、またとことこ走り始めました。

大広山の周回コースを走り、また先ほどと同じエイドに到着。

そして、しばらく走ると白滝エイドに着きました。

ここでは、スープ各種やチョコレートがありました。

オニオンスープを差し出してくたお姉さん達が天使に見えました。

ここからは、緩ーい登り下りが続く舗装道路。

1月なのに非常に強い日差しで汗がだらだら滴りました。

そして最後の難関、切原峠。

「ここで半分の折り返しだよ~」

応援の声に押されて峠道を登り初めました。

ここもまた急こう配が続きます。そして長い。

前後一緒になったランナー達と

「頑張ろう!」

と声をかけながら、エッチラオッチラくねくね道を登りました。

そして頂上につくと、

「ここからは下り道だぞ!がんばれ~」

標高差300m、得意の下り道を猛スピードで駆け降りました。

この時は、足裏が柔らかい地下足袋が非常に役に立ちました。

私の場合、急な下り道はぴょんぴょん跳ねながら下っています。

滑らないように、転ばないように小走りに降りていくランナーが多い様ですが、膝に負担がかかり、踏ん張るので疲れます。

ぴょんぴょん跳ねると、重力にまかせて飛びおりていくだけなので、体力もいらず、非常に速い。転んだ時のリスクは高そうですが…。

切原峠を下りきり、湿地帯を抜けるとあとは平たんな舗装道路を6kmほど走るとゴールです。

 

結果は3時間28秒。

もう少し頑張れた気もするし、よくやったという気持ちもあります。

何せ楽しかったです。

帰りは家族と合流して、鳥羽水族館へ。次回が楽しみです!

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top