患者さんの声

鍼灸師会・広報誌あきゅあーと

鍼灸師会・広報誌あきゅあーと

191
理事としてお仕事をさせて頂いている鍼灸師会の広報誌が完成しました。 一般の方に、いかに鍼灸を身近に感じてもらえるかを考えながら作成していますが、いつも非常に苦労します。 今回は、会員の先生方にもご協力を頂き、普段鍼灸を利用されている方からアンケートを頂きました。 鍼灸との出会い 受ける前後のイメージ 自分にとっての鍼灸…
長距離ランナーのアキレス腱炎

長距離ランナーのアキレス腱炎

1919
長距離走に魅せられて、12年前からランニングを始めたMさん(仮名)。 数年前からアキレス腱を始め、膝の裏や臀部の痛みに悩まされていました。 それでも月間200km程の練習や試合をこなし、ライフワークとしてのマラソンを楽しんでおられました。 が、マラソン大会で右アキレス腱を再度痛め、これはしっかりと治そうと当院へ来院され…
1年間続いた腰部から膝の痛み・痺れ

1年間続いた腰部から膝の痛み・痺れ

557
先日はじめて来院された60代の左下肢痛を訴える女性(Tさん)の症例です。 1年前に左腰部から膝外側への痛みを感じ始め、その痛みが徐々に強くなった為近所の整形外科を受診しました。 「腰の骨に異常はありませんので、痛み止めを処方します」 薬を飲み続けましたが効果はありません。 膝の外側も痛むと訴えると膝へのヒアルロン酸注射…
シニアランナーの股関節痛

シニアランナーの股関節痛

827
シニアアスリートの股関節痛の症例です。 Tさんは65才女性。 マスターズ陸上の短距離選手で、大会に出場しても常に上位で入賞される方です。 数年前から右股関節に違和感を覚え、次第に痛みに変わっていきました。 なんとか陸上を続けたいと、整体、整形外科、整骨院に通院をし、様々な治療を受けてきましたが中々改善せず、 「このまま…
踵の痛みと歩行障害

踵の痛みと歩行障害

1391
両足の痛みと歩行障害で来院された方からアンケートを頂きました。 2年ほど前から、右足の足関節が腫れ、水が溜まるようになり、昨年からは左足も同じように腫れてきました。 何度か水を抜いたり、痛み止め、抗炎症剤の投与を受けましたが痛みは強くなり、来院されました。 Q1:来院する前の症状についてご記入ください。 足の踵の痛みが…
なかなか取れない肩の痛み

なかなか取れない肩の痛み

1258
昨年、初めて来院されたYさん(仮名)の症例です。 家の家事、母親の介護など忙しい毎日を送るYさん(仮名)は、ある日特に理由もなく左肩が痛くなりました。 それまでにも、常に肩こりと戦い、数ヶ月に一度襲ってくる頭痛にも悩まされていました。 痛みがあるのが日常のYさんなので、今回の肩の痛みも「放っておけば勝手に治る」と特に気…
パーキンソン氏病と腰痛

パーキンソン氏病と腰痛

1996
パーキンソン氏病とは、脳内の黒質という場所にある神経細胞が変性し、「ドーパミン」という神経伝達物質が減少することにより、脳から全身に出される運動の指令がうまく伝わらなくなる病気です。 50~60歳代で発症することが多く、今後ますます増える傾向にあります。 パーキンソン氏病による運動症状として、 振戦(手や足のふるえ) …
リウマチによる関節炎、関節拘縮

リウマチによる関節炎、関節拘縮

2856
来院の2年前からカラダの違和感を覚え、「関節リウマチ」と診断を受けた42歳女性の症例です。 頂いた治療アンケートを転記します。 来院前の症状についてご記入ください。 リウマチ系の関節炎により体中のあちらこちらを移動しながら痛みがあったが、来院したころは左足の甲が腫れ、歩行も困難であり、仕事にも不安があった。 当院に来院…
良性発作性頭位目眩症(アンケートより)

良性発作性頭位目眩症(アンケートより)

2428
50代女性の症例です。 以下は頂いたアンケートメールを転載しています。   1『来院前の症状』 更年期の、ホットフラッシュ。左眼の、眼底出血(網膜中心静脈閉鎖症)。 右耳の、良性発作性頭位目眩症。 目眩。 フワフワ感。 ひどい肩・首こり。 自律神経失調症?  2『来院までに受けた治療・経過』 眼科、耳鼻科、M…
起床時に起きた腰の激痛

起床時に起きた腰の激痛

1261
82歳の女性の症例です。 来院する1ヶ月前から腰の違和感があり、ゴミ出しや中腰が続くと腰に痛みを感じるようになりました。放っておくと良くなるのであまり気にせずにいたところ、来院1週間前の起床時に腰に非常に強い痛みを感じました。 急いで整形外科を受診し、レントゲン検査などを行いました。 「背骨のゆがみと関節が狭くなって神…

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top