患者さんの声

アメリカから来院頂いた方より感想を寄せていただきました

年末に来院頂いた方から、治療の感想を寄せていただきました。

以下、ブログより転載

今回の日本行きで出会って心底素晴らしいと思った方々のことを書きます。
 
まずは瀧本一先生、鍼灸と整体の先生です。
 
ウェブサイトの自己紹介より:
「医者より養生 薬より手当」
これは私が学ばせて頂いた仲野整體に代々伝わる治療哲学です。
どんな良い医者にかかるより自分が行う日々の養生(生活に留意して健康の増進を図ること)が大切であり、どんな高価で速効性のある薬を飲むより心のこもった手当がカラダにとっては有効である。
 
もうここだけでわたしの心のツボにハマったのですが、実際に治療を受けてみるともう、もしもできるならこの治療院の近くに引っ越したい!と思うほどに。
 
とにかくユニークですごい腕の持ち主です。
自分でどんどん改装し、いろんなアイデアを形にして治療に取り入れていくそのエネルギーがすごい。
 
冒頭で紹介した先生の自己紹介の続きです。
「この言葉に出会った当時の私は、2年間過ごしたオーストラリアから帰国したばかりの時でした。
オーストラリアで私は、競走馬の調教の仕事に携わり、毎日馬に乗り、お世話をする日々を過ごしていました。
競走馬は、走る為に人工的に作られた動物でとても貧弱です。
毎日獣医の診察があり、飲み薬や注射が処方されう彼らの汗からは、薬の臭いがする程でした。
そんな中で時々変わったドクターが、厩舎(馬を飼う施設)にやってきて、馬の背骨や足の関節を動かしたり鍼をしたりしています。
それがカイロプラクターであり、鍼灸であると気がつき、自分も薬や注射でなく、自然な形でカラダの調子を整える彼らの様な仕事がしたいと思うようになりました。
帰国して…
そして帰国後、すぐに医療機器の専門商社に入社し、全国の医療機関や治療院を飛び回りながら鍼灸学校で学ぶ日々が始まったのです。
そんな矢先に2年前から交通事故で足を病んでいた弟の症状が悪化していきます。
左足の複雑骨折から感染を起こし、何度も手術を繰り返してきた弟ですが、繰り返される手術と長期のステロイドの投与でカラダはぼろぼろになり、本人だけでなく家族も疲弊し、重い空気が流れていました。
もう少しこの治療を続けるか?
それともいっそのこと義足にするか?
そして悩んだ末私達家族が出した答えは、「医者より養生 薬より手当」の仲野整體でのセカンドオピニオンでした。
驚くことに、わずか半年弱の治療で状態はどんどん良くなり、川に入って遊べるようになり、好きだったサッカーができるまでに回復したのです。
これを目の当たりにした私は卒業後、迷うことなく仲野整體の門をたたき、修業生活に入っていきました。
仲野整體での5年間の日々は、素晴らしい環境に恵まれ、非常に充実した期間となりました。
日々の臨床で様々な患者さんと出会い、仲野先生の「人間学」を学び、様々な学会に参加して自分の知識を深めていきました。
そして、「あっ」というまの5年間がすぎ去り、私の学んできたことが少しでも世のお役にたてればとの想いで開院を決意しました。
「医療者である前に人間であれ」
の言葉を胸に、毎日の臨床に取り組んでいます。
ご縁のある方のカラダの悩みの解決と、より豊かな人生のサポートをいたします。
1人でも多くの方と出会える事を楽しみにしています」
 
もしお近くにお住まいでしたら、いや、車や電車を使ってなら行けなくも無いというところにお住まいでしたら是非是非!
 
院内はほぼはじめ先生の手作り。
まずは手前の部屋の緑色の電動式ベッドにうつ伏せになり、整体をしてもらいつつ体全体の様子を診てもらいます。
わたしの場合、首や背骨に外れていた部分があったからか、ボキボキと整体を施してくださいました。
いつもなら苦手で言われても断ることが多かったのですが、はじめ先生の整体は気持ちよく受けることができました。
腕がいいことはもちろんだけど、大丈夫、安心していいんだっていう気持ちにさせてくれる力があるんだと思います。
それが済んだら奥の部屋に移動して、いよいよ鍼治療が始まります。
鍼治療のベッドから天井を見ると、何本もの細い鉄パイプが取り付けられていて、そこからクライミングなどに使うロープが何本もぶら下がっていました。
一体これは…と眺めていると、「ちょっと横向きに寝て、ここに腕を通してください」と言われて、痛む方の左腕を通したのですが、無防備に開いた脇下をツンツン突いて「じゃあここら辺に一本刺しますね」と、脇から10センチほど下がったところに的を絞ったはじめ先生。
見学していた夫が慌てて、「彼女は大の鍼嫌いで、一番細い日本製の鍼しか受け付けないのです」と言ったところ、「うーん、多分大丈夫ですよ、ぶっとくてもズンと刺しちゃうとかえって痛みを感じなかったりするので」と先生。
「いや〜そりゃないですよ、絶対にわたしに限ってそんなことは」と口答えしようと思う間もなく、結構ぶっとい鍼が入っていました。
全く痛くなかったし…。
 
 
これは最近完成したパワーラック、もちろんはじめ先生の手作りです。
だから世界でたった一台!
体幹作りや筋肉増強、そして患者さんのリハビリにも使われます。
 
この枕ももちろん手作り。
 
一鍼灸院のはじめ先生、めっちゃオススメです!
URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

  • 最近の投稿
  • カテゴリー別
  • アーカイブ

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top