家庭の医学

汗をかける体に~汗腺機能の鍛え方~

先日来院された患者さんにお孫さんが誕生しました。

可愛いけど初孫なので、どのように扱ったらいいか不安なようです。

この暑い季節、室温をどのように調節したらいいかも迷っておられるようです。

ご主人は「エアコンをしっかり効かせて快適な室温にしないと可愛そう。熱中症や汗疹も心配だし」

奥様は「あまりエアコンを使いすぎると冷えるし鍛えれないから使いたくない」

さて、みなさんいかがでしょうか?

人の体は皮膚センサーで外気温を察知し、脳が「暑い」と判断すると自律神経が反応して、皮膚の血管を広げて中枢から体表面に放熱をします。

そして、汗腺から汗を出して気化させる事で体温を下げようと調節します。

人の体の汗腺の数は大人も子供も一緒で200~500万個とも言われています。

このうちどれだけの数の汗腺が汗をだせる汗腺(能動汗腺)に変わるかが上手に放熱できるかのポイントとも言えるでしょう。

生まれて間もない赤ちゃんは、バタバタと手足を動かしたり、泣いたり、暑い環境にさらされたりで汗をかき、汗をかく

能力を獲得していきます。

1説には、3才位までには能動汗腺の数はきまるとされています。

そして、徐々に汗腺の機能を高めて、中学生になる頃には大体の発汗能力が完成するそうです。

ということは??

極端な言い方をすれば、エアコンをできるだけ我慢して汗をかかせると汗腺能力が発達するとの見方もあるのでしょうが、エアコンを使っていても、赤ちゃんの汗腺は鍛えられます。

この殺人的な猛暑の中では、使わないリスクの方が大きいでしょう。

あまり下げすぎないで、少し汗ばむ程度の室温に設定しておき、しっかりと体を動かして遊んであげる、笑ったり、泣いたりの情動行動をたくさんさせてあげる。そして、やさしいタッチのマッサージや小児鍼などで、皮膚の自律神経を鍛えてあげるのがいいのではないでしょうか?

汗腺機能は、生活環境や住む地域によって変わるようです。

あかちゃんだけでなく、大人も汗腺機能を鍛えて暑い夏を乗り切りましょう!

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top