研修会・学術資料

全日本鍼灸学会認定

全日本鍼灸学会認定

全日本鍼灸学会の認定鍼灸師更新が完了しました。

5年に1度の更新ですが、これで3度目となります。

認定鍼灸師とは、全日本鍼灸学会が認定する鍼灸師で、鍼灸臨床で一般に遭遇する疾患・症状に適切に対応できる、基本的かつ標準的な知識・技能・態度を修得する。加えて、以下の要件を満たすものとされています。

  1. 療面接が実践できる。
  2. 鍼灸治療の適・不適に係る現代医学的な病態把握ができる。
  3. 治療効果と副作用の説明ができる。
  4. リスク管理が実践できる。
  5. 施術者としての倫理を理解し、適切な態度で患者に接することができる。
  6. 消毒、清潔・不潔の概念を理解し実践できる。
  7. 安全で適切な治療ができる。
  8. 診察結果や治療内容の説明ができる。
  9. 医師との連携が実践できる。
  10. 診療に関する最新情報の収集ができる。

更新をするには、期間内に必要な単位分の研修を受けたり、症例報告をしたりする必要があるのですが、プロフェッショナルな鍼灸師としては、当然のことだと認識をしています。5年後の更新に向けて、また、研修などを受けていきたいと思っています。

鍼灸を受けたいけど、信頼できる鍼灸師が探せないという方は、全日本鍼灸学会認定者で、業団会員(日本鍼灸師会・全日本鍼灸マッサージ師会)を探すと、信頼できる方と巡り合える確率が高いと思います。

https://jsam.jp/roster.php/

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

  • 最近の投稿
  • カテゴリー別
  • アーカイブ

営業カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top