研修会・学術資料

JIMTEF災害医療研修会

JIMTEF災害医療研修会

JIMTEF(国際医療技術財団)が主催する医療関係者を対象とした災害医療研修会を受講しました。

国際医療技術財団(JIMTEF)は、保健医療分野の課題の解決に必要不可欠な医療技術の振興、医療技術者の育成及び医療サービスの改善に取り組んでいる国際協力NGOです。

この研修会は、市町村で開催する災害研修などとは一味違い、医療の面から災害とどう関わるかに焦点を絞って講義内容が構成されていて、非常に勉強になりました。

DMATの構成や活動内容、本部運営、受援、被災者とのコミュニケーション、スフィアハンドブック、エコノミークラス症候群、災害関連死、災害時のメンタルヘルスケア、災害と栄養、口腔衛生などなど、ボリューム満載の内容が用意されていました。

私は、東日本大震災や丹波豪雨など、被災地で何度か医療支援に携わらせていただいた経験がありますが、専門的な研修を受け、改めて当時の自分の活動を振り返ってみると、浅はかな行動や、言動で被災者の方にご迷惑をかけていたのだと気づかされました。

自分の興味本位で被害状況を聞いてみたり、生活指導、運動指導なども、現実的でない提案をしたり…。

被災地に集まるボランティアは様々な目的意識をもって活動をしますが、被災者や被災地の事よりも、自己の承認欲求や顕示欲を満たす目的で参加する方も一定数あると感じています。

特に被災者の方たちと密に関わる私たち鍼灸師は言葉ひとつ、行動ひとつ、丁寧に選択して発する必要があると感じました。

梅雨の時期が訪れ、備えが必要な時期となりました。

災害が起きないことを祈っていますが、もしもの場合の準備として、このタイミングで受講できてよかったと思っています。

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

  • 最近の投稿
  • カテゴリー別
  • アーカイブ

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top