DIY(do it your self)

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

ポータブルベッドの張替え

道具は大切に、特に仕事で使う道具はこまめにメンテナンスをして長く使えるように努めています。

10数年前に手に入れた木製のポータブルベッドがあります。

しばらく倉庫に眠らせておいたら、レザーの劣化と湿気でカビが生えてしまいました。これではもう使えません。

処分して、新しいのを買う検討もしましたが、構造的にはまだまだしっかりしています。しかも鍼灸学生の頃からの思い入れがギュッとつまったベッドです。

レザーを張り替えてみることにしました。

レザーを探してみると色も柄も様々で、何にしようか迷いましたが、あまり派手ではないが、既成品ではなさそうな濃いグリーンのオーストリッチ柄のレザーを購入してみました。

なかなか渋い…。

ベッドの解体

さて、まずは解体です。

くっついている付属品(取ってやプレート、保護用のゴムなど)を外して脚を止めているワイヤーも外しました。

です。

次はレザーを止めているタッカーの針を1本1本抜いていきます。

マイナスドライバーでこじってペンチで引き抜く。数が多いのでこれだけでも1時間近くかかりました。

剥がすと中からウレタンクッションが出てきました。

そんなにヘタってる風でもなく、まだまだ使えそうです。

スポンジは問題がないのですが、下地の木が割れています。ビス穴から縦に裂けてしまっていました。

木工用ボンドを塗り込み、細いビスで固定し、補強をしました。

レザーの縫製

次はレザーをカットして4隅を縫っていきます。

ミシンにしようかとも思いましたが、手縫いでチャレンジ。

なんとなく計ってRをつけて縫ってみましたが出来上がりはいまいちです。

縫い目が均等でなく、直線も取れていないのでかぶせてみると糸が見えてしまいます。

これはいけません。

しぶしぶ自宅に持ち帰り、奥様にミシンで縫ってもらうことにしました。

作業をみていると、僕がやったみたいに大体でいきなり縫うのでなく、スポンジの幅やRの角度を計り、しっかりと線を引いて縫っていました。さすがです!!

精一杯褒めちぎり、応援をし、ようやく縫製完了!

かぶせてみるとぴったりです。糸もみえません。

組み立て

そして、シワを伸ばしながらレザーをタッカーで固定していきます。

伸びるレザーなので、端やベッドの中央にシワが入らないように引っ張り具合を調整しながらタッカーを打っていきました。

余分なレザーをカットし、解体の時に取り外した部品を組み立てたら完成です!

角もしっかりと貼れています。

そしてなかなかの存在感!

これからも大切に使っていきたいと思います。

今回のベッドの組み立てには、1歳の息子も手伝ってくれました。

息子がこのベッドを使うようになったら面白いな~なんて想像してしまいました。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top