院外活動

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

もぐさ作りワークショップ@美杉むらのわ市場

毎月第2日曜日に開催される美杉むらのわ市場にてもぐさ作りを行いました。

もぐさ、艾??2015-10-13 17.22.24

お灸の原料です。

鍼灸院や、薬局にあるお灸を見た事がある人は多いと思いますが、それが何で出来ているかを考えたことはありますか?

お灸の原料はよもぎ餅や浴用剤でおなじみの「よもぎ」です。yomogi

夏の終わりに大きく育ったヨモギを刈り取り、日陰で1ヶ月程乾燥させます。

乾燥したヨモギをホットプレートに入れて、少しパリッとなるまで更に水分を飛ばしていきます。

yomogi

そして、乾燥が終わったヨモギをすりこぎ等でごりごり引いて出てきた不純物(枝や葉脈など)をザルで濾して取り除いていくと、ヨモギの葉っぱの裏に生えている白いうぶ毛が精製されて残ります。

これが艾(もぐさ)です。

不純物が沢山のこった状態の艾は、燃焼力が強く、棒状にしたり、台座状(せんねん灸のような)にして使います。

不純物を極力取り除いた艾は、火力が安定してゆっくりと燃えるので、私達鍼灸師が、直接肌の上で燃やしたり、鍼の上で燃やすプロ仕様として使われます。

 

今回のむらのわ市場では、お灸をもっと身近に感じてもらえる様にもぐさ作りを企画しました。yomogi3

子供たちから大人まで、すり鉢でごりごりもぐさ作りを楽しんで頂きました。

できたもぐさを使って、箱灸や棒灸の体験なども行いました。

 

身近な手の届く範囲にある植物をつかって出来る健康管理がもっと広まることを願っています。

yomogi2

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top