DIY(do it your self)

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

鍼灸院増設工事⑤壁つくり(漆喰・腰板編)

鍼灸院増設工事④壁つくり(下地編)

さて、下地は完成!次は漆喰塗りです。

使う漆喰は大和漆喰。

ふねに開けると、すさのもわもわした繊維の中に石灰が練り込まれています。

ここに水を足してまずはスコップで大まかに練り、あとは電動ドリルに撹拌機をセットしてしっかりと練りました。

練った漆喰はすぐに使わず、密封して数日置いて馴染んでから使いました。

計3度塗りを行いました。

ムラもありますが、まあいいでしょう。

次は腰板。

1メートルにカットした相じゃくりの杉板の上下をビスで止めていきました。

エアタッカーがあれば施工がきれいに簡単にできるのですが、購入をためらい(いつかはほしい!)ビスで止めることに。

下地がコンパネのところはビスで止まるのですが、コンクリートの部分もあり困りました。

コンクリートネイルで頑張ってみましたが、貼り付けることにしました。

貼り付ける面のペンキを電動サンダーで剥がし、ボンドで貼り付けました。

エアタッカーで施工していれば、腰板の上面に化粧板を打ち付けるだけでいいのですが、ビスを使っているのでビスを隠さなくてはいけません。

厚めの杉材に切込みを入れてビスを隠す事にしました。

ガスや水道の配管もあるので、はめ込めるように刻んで打ち付け

腰板の完成です!

鍼灸院増設工事⑤天窓・棚つくり→

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top