四肢の症状

足底腱膜炎と鍼灸治療

足底腱膜炎と鍼灸治療

「足の裏が痛くて歩けんのですわ〜」

ご近所の70代の方が来院されました。

歩行を見てみると、相当辛そうな様子です。

踵の付け根と、土踏まずのあたりが体重をかけると痛くて、特に、ミッドスタンスからターミナルスタンスにかけて(足底が反る動き)が痛みが強く出ていました。

触診をすると、足底腱膜付着部の著明な圧痛があり、足底腱膜炎と判断をしました。

 

 

足底腱膜炎とは、足裏のアーチを支える役割を持つ足底にある腱膜がジャンプやランニングなどで強く引っ張られて、付着部である踵骨部に炎症が起きる症状です。

スポーツをしていなくても、片側への偏った荷重を続けていたり、体重増加による負荷などでも発症します。

治療は測定腱膜への超音波治療、足首周囲の筋群(後脛骨筋、腓腹筋、前脛骨筋など)をグラストンテクニックによるリリース、足底腱膜付着部などへの集中鍼を行いました。

鍼は痛そうに見えますが、以外と痛みは少ないんですよ〜。

治療後の歩行です。

その後、何度か治療をつづけ、完治となりました。

この方は、普段の歩き方に癖があり、その癖で足底腱膜に負担をかけ続けていたので、歩き方の改善や、メンテナンスの方法などをお伝えしています。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

  • 最近の投稿
  • カテゴリー別
  • アーカイブ

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top