四肢の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

足の小指の付け根の痛み

原因がわからない?

先ほど来院した高校生男子。

「先週電車に乗っていて目が冷めたら足が痛くなっていました」

とのこと。

「虫でも踏んで恨まれたんじゃない?」

なんて冗談を言いながら足を見てみると第五中足骨の基底部に叩打痛と圧痛がありました。

この部位は剥離骨折の起こりやすい場所でもあるので慎重に触診をしていくと外踝(外くるぶし)の外側からふくらはぎの外側に緊張が見られました。

テニス部所属なので、サイドステップで踏ん張った時に、腓骨筋に引っ張られて痛めたのかな?

まれにIselin病といって成長に伴う短腓骨筋の骨端痛(オスグットシュラッター病のような病気)もありますが…。

グラストンテクニックを使って腓骨筋の筋膜をリリースしていきました。

終わって立ってもらうと

「痛くない」

とのことでした。念のためにテーピングをして診察終了。

原因ははっきりしませんでしたがこういうことは良くある事です。

「教科書は患者さんのカラダにある」

と良く言われたものですが、見て、触って、自分の経験で違和感のあるところを治療する。

単純なようですが、実は一番効果的な治療方法なのです。

グラストンテクニック

 

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top