姿勢

姿勢分析装置

一鍼灸院では、来院された患者さんの姿勢や歩行、動作などを計測・記録し、フォームにまとめています。

姿勢測定の時は大きな鏡の前に立っていただき、撮影をして、アプリで罫線などを追加して見やすく表示していました。

しかし、もっとわかりやすく表示したいなと試行錯誤し、背景を罫線の入ったボードにする事にしました。

ここでDIY!

罫線の入ったものは、既製品ではロールスクリーンなどで販売されていますが、なかなかお高く、幅も狭いのもがほとんどです。

最初は、ロールスクリーンを作ることも考えましたが、折り畳みのボードにすればいいのだと気が付き、早速作ってみることに…。

  • 罫線の入った壁紙をインターネットで購入し、コンパネに貼り付けます。
  • コンパネを半分に切断し、周囲に石膏ボード用の見切り材を取り付け
  • 切断面に丁番を取り付け(ルーターで溝を掘ることでぴったりと真ん中に合います)
  • 壁にレール用の角材と角材を隠す装飾用の板を取り付け
  • ボードの右半分に角材と取り付け、引き戸用のレールを取り付け

これで、必要の無い時は、端のほうに折りたたまれてあり、必要な時は引っ張ってきて展開すればいいだけです。

どちらが見やすいですか?

その時々で簡単に背景を変えられるので、らくちんラクチン♬

あとは、今作成中の足圧を図るマシーンを組み合わせればもっとわかりやすいレポートが作成できそうです。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top