成長痛

オスグッドシュラッター病

オスグッドシュラッター病

2638
大腿前面の筋の牽引による付着部痛 症状と原因 オスグッドシュラッター病は成長期の子供(10~15歳)に多く発症する症状です。 脛骨粗面(膝のお皿の下)の隆起と痛みが特徴的です。膝蓋靱帯、大腿四頭筋腱などの太ももの筋肉や靱帯が過度に引っ張られる事により、脛骨粗面の靱帯付着部の炎症が起き、進行すると剥離(はがれる)こともあ…

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

友だち追加
Return Top