道具

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

刺さない鍼・てい針

私達鍼灸師が治療で使う針も様々な種類があります。

一般的な皮下に刺す針の他に、皮膚に貼り付ける針や擦る、圧迫などなど様々です。

今回は、友人の金属工芸作家さんにお願いをして、銀で「てい針」という道具を作ってもらいました。2017-06-12 14.28.59

「てい針」とは、棒状の針で、皮膚上の経穴を刺激する道具です。

いままで鉄やチタンなどで作った「てい針」を使っていましたが、今回は銀、シルバーです。

実はこの金属の違いで皮膚への刺激が変わるってご存知ですか?

金属には「イオン化傾向」といって酸化の度合いがそれぞれ違います。ionkaretu[1]

酸化し易い(イオン化傾向が強い)金属は刺激が強く、

酸化しにくい金属(イオン化傾向が弱い)金属は柔らかな刺激となります。

今回作成した「銀」はイオン化傾向が弱く、刺激も柔らかです。

主に、弱った人(虚証)の方に使用することになると思います。

針というと皮下に刺して筋肉を緩める

といったイメージを持つ方が多いかと思われますが、我々鍼灸師はただ単なる物理刺激だけではなく、生体電位にも着目をして治療を行っています。

少しマニアックな話になりましたが、新しい道具と共にまた成長していきたいです。2017-06-14 16.07.30

 

今回、この「てい針」を作ってくれた作家の何惠娜(か えな)さんは、本日より津のアートギャラリー「VOLVOX]にて展覧会を開いています。

お近くの方是非お立ち寄りください。2017-06-14 16.15.38

しぜんたいにスパイス

2017/06/15-06/20
大角洋子 何惠娜 小林のりこ 中山しほり

しぜんたい に スパイスEnaKa01-w-300x224[1]

伝統とオリジナリティーが溢れた作品の数々、
あなたの暮らしにも素敵なスパイスを

大角洋子(藍染)
何惠娜(金工・シルバージュエリー)
小林のりこ(草木染)
中山しほり(ラインアート)

■開催日時/2017年6月15日(木)~6月20日(火)
______10:00~18:00(最終日は17時終了)
●オープニング・レセプション
■開催日時/2017年6月15日(木) 17:00~
_どなたでもご自由にお越しください。

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top