小児・女性の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

逆子の鍼灸治療

逆子と鍼灸治療

現在、34週の妊婦さん。

妊娠初期より、つわり、便秘、腰痛、むくみ等、妊婦さん特有の症状に鍼灸治療を行ってきました。

順調に赤ちゃんも大きくなり、希望する助産院での出産を楽しみにしていた31週の頃、定期健診で逆子が発覚しました。

現在の助産院では、逆子や双子など、異常(??)とされる赤ちゃんは取り上げて貰えない大きな壁があるのです。

幸い、31週ということもあり、お灸と、手技により赤ちゃんは無事に正常位に返りました。

ホッとしたのもつかの間、34週に入った昨日、腹痛を訴えて来院されたので、お腹を見てみた所、頭が上にあります。

再び、逆子…。

お話を伺うと、前日に雨の中でのイベントに参加し、身体を冷やしたとの事。

さらに、食事時間や、睡眠時間も安定していなかったようです。

 

なぜ逆子になるのか?

その原因ははっきりとは解明出来ていません。

本来ですと、頭を下に向けて、骨盤の中にすっぽりと収まった状態が赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても、安定した気持ちの良い状態です。

が、カラダを冷やしたり、お母さんがイライラしたり、赤ちゃんが不安や、不快感を感じる状態が続くと逆子になるようです。

 

このお母さんも「ごめんね、ごめんね。」と何度もお腹の赤ちゃんに謝っていました。

 

さて、治療開始です。

赤ちゃんの頭、おしり、足の位置を確認し、お母さんの足のつぼに、お灸やハリをしていきます。

一鍼灸院では、特殊なベッドで足を持ち上げ、お腹をゆるませて治療しています。

お灸を始めると、赤ちゃんが動き出しました。

足を大きく動かして蹴ってみたり、頭が左右に動いたり…。

「気持ちいいんだね~」

お腹の赤ちゃんの動きに合わせて刺激量を変えながら、お灸とハリを続けます。

お腹のツボにハリを当てたとき、大きな動きがありました。

どうやら返ったようです。

画像で確認しないと確実なことは言えませんが、頭の位置は骨盤の中にあるようです。

お母さんの気持ちが通じたのかな?

 

さあ、誕生まであと数週間。

希望する助産院で元気に産まれてくることでしょう。

 

 

 

 

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top