その他の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

「イボ」と「お灸」

最近随分と冷え込んできました。

こんな寒い時に活躍するのが「お灸」です。

今回は、イボ取りのお灸の話・・・

患Y「先生~かなんわ~」

私「どうされたんですか?Yさん」

患Y「最近このイボがおっきくて~。汚いさかいよ~」

見ると、首の根元に大きなイボが出来ています。

2013-08-12 14.53.08

私「お、Yさん。立派なイボですね」

患Y「立派な事あるかいな、取ってや~」 ということでイボを取りのお灸をすることになりました。

これは比較的簡単な治療ですので冗談を言いながら治療開始。

まず、イボの根元に糸を巻きつけます。

2013-08-12 14.55.13

あとは周りが熱くならない様に布でカバーをかぶせて、イボの上にお灸をすえるだけ。

イボが黒くなりました。

2013-08-17 13.05.24

糸は縛ったままにして治療終了です。この間わずか5分程度。

数日後、Yさんがあらわれました。

患Y「先生~昨日お風呂で首こすったらよ、ポロっととれたわ」

あれほど大きく、首に居座っていたイボが取れています。

2013-08-22 10.46.35

その数日後、Yさんとお会いした時には傷口もきれいさっぱりと治っていました。

 

 

イボ取りの治療のポイントは「兵糧攻め」

糸で根元をしばって栄養を遮断した状態でお灸をします。

栄養補給を断たれたイボはあえなく「ぽろり」と落ちてしまうのです。

いつも、痛みやシビレの患者さんが多い中で、こういう治療は心がホッとするのは私だけでしょうか?

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top