患者さんの声

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

1年間続いた腰部から膝の痛み・痺れ

1年間続いた腰部から膝の痛み・痺れ

先日はじめて来院された60代の左下肢痛を訴える女性(Tさん)の症例です。

1年前に左腰部から膝外側への痛みを感じ始め、その痛みが徐々に強くなった為近所の整形外科を受診しました。

「腰の骨に異常はありませんので、痛み止めを処方します」

薬を飲み続けましたが効果はありません。

膝の外側も痛むと訴えると膝へのヒアルロン酸注射を処方されました。が、余計に痛みが強くなることに…。

「一度精密検査を」

ということで総合病院に転医し検査を受けましたが少し腰の骨が変形していますが他に異常はありません。との事でした。

あまりに痛みが強くなるので訴え続けると

「検査に異常は無いのでもう来なくていいですよ」

とショックの一言。

泣く泣く整骨院やカイロプラクティック、整形外科のリハビリに通いましたがどんどん悪くなる一方でした。

どうしようも無くなり、怖いイメージがあり避けていた鍼灸を会社の同僚に進められたのを機に来院されました。

歩行検査、姿勢検査、可動域検査、神経反射、触診、筋力検査などを行い治療を行いました。

結果、一度の治療でほぼ痛みは取れて、2回めの来院時(5日後)も痛み無く生活が出来ていたようでした。

Tさんの場合、立位での荷重が左後方、歩くとお尻が左に大きくスライドをしていました。

臀筋の過緊張、股関節の可動域制限が下肢外側の放散痛に繋がっていた様です。

痛みは取れましたが、姿勢や歩行はまだまだ問題が多く、これを改善して再発を防止すべくトレーニングと治療をしばらく継続する予定です。

こういった長引く痛みの原因は筋肉にあることが多く、その筋肉を緊張させている原因を含めて治療を行うと早期に改善をすることが多いと思われます。

12080901

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top