小児・女性の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

妊娠中のむくみ

妊娠中のむくみ

血液と水分バランスのくずれからmukumi

妊娠中のむくみはほとんどの妊婦さんが経験する症状の一つです。妊娠中は、お母さんの胎盤を通して赤ちゃんへ栄養を送る為に、体内の血液の量が通常よりも増加します。血液として増えた水分が、血管の外に漏れだし、皮下組織に溜まることで「むくみ」が発生します。

むくみの原因として…

  • 塩分の過剰摂取
  • 運動不足による筋ポンプの減弱
  • 冷えによる血液の循環不足
  • 体型の変化に伴う衣服や腹部での圧迫
  • ストレス・疲労・寝不足
  • 体重増加による負担

などが挙げられます。

むくみの解消

妊娠中につきものの「むくみ」ですが、日常的なケアで、コントロールが可能です。

  • リンパマッサージ
  • 弾性ストッキングの着用
  • ふくらはぎの運動
  • 半身浴や足湯
  • 十分な睡眠
  • カリウムの多い食事foot

むくみに直接的に効果のあるリンパマッサージですが、お腹が大きくなってくるとかがんで足をマッサージするのは大変です。家族の方、特にご主人にマッサージをして貰う事で、お母さん、赤ちゃんとのコミュニケーションにもなるのでオススメです。

グイグイと強く刺激するマッサージは逆効果。優しくさする程度で十分です。

 カリウムは、リンゴやバナナなどの果物や、小豆やかぼちゃなどの野菜にも豊富に含まれています。水溶性のカリウムは水に溶けやすく、スープなどで食べると効果的に摂取ができます。

「たかがむくみ」と放っておくと、静脈瘤などの疾患にも繋がりかねません。日常のちょっとした工夫で快適な妊婦生活を送ってください。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top