小児・女性の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛

骨盤のゆるみが腰痛を引き起こすpreg

妊娠中は、出産の準備の為にさまざまなホルモンが分泌されます。そのうちの一つが「リラキシン」骨盤の関節を繋ぐ靭帯や結合組織をゆるめ、赤ちゃんが骨盤を通りやすくする働きがあります。

 妊娠初期から分泌されるリラキシンにより、骨盤がゆるみ、ゆるんだ関節をかばう為に周りの筋肉が緊張したり、関節のバランスが悪くなることで腰痛が引き起こされます。

 妊娠中の腰痛は、腰だけでなく、おしりの奥の方や、鼠径部、恥骨が痛むかたも多い様です。

 また、お腹の赤ちゃんが大きくなることで、腰のカーブが強くなり、からだの重心が前方に移動することで、ますます筋肉の緊張や、関節のアンバランスによる腰痛が強くなるのです。

妊娠中の腰痛対策sarashi

骨盤がゆるんだ事によって起こる腰痛に対して有効なのは、腹帯(はらおび)です。骨盤周囲の関節を引き締め、前方に移動した重心を戻す働きがあります。

一般的な腰痛ベルトや、妊婦用のガードルなどでは、「締め付ける」働きが強く、「支える」力が弱いので、妊娠時の腰痛には向きません。昔ながらの「さらし」が一番です。最近では、巻き始めがマジックテープで、巻き終わりがゴムになっているさらし初心者用の商品もありますので、是非チャレンジしてみて下さい。さらしを巻く前には、骨盤体操などで、骨盤の関節良い状態に戻すのがポイントです。

※さらしの巻き方には色んなポイントがあります。経験のある助産師さにゃ先輩妊婦さん、治療院の先生などにご相談ください。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top