小児・女性の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

妊娠中の便秘

妊娠中の便秘

腸の運動低下による便秘walk

妊娠中は、誰にでもおこる症状「便秘」それまで快便だった人でも便秘になることがよくあります。

妊娠中は、子宮内膜を厚くして、受精しやすい状態をつくり、妊娠の維持を助けてくれる黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌されます。このホルモンは、胎児が育ちやすいように、子宮の筋肉を緩ませ、守ってくれる働きがあるのですが、同時に腸の働きも抑制してしまうので妊娠中は便秘になりやすいのです。

また、中期以降になると胎児が大きくなり、子宮が腸を圧迫することによる便秘も起こります。

妊娠中の便秘の対策vegitable

妊娠中は、つわりやストレスなどで、食生活や食習慣が偏りがちですが、食物繊維を多く含む食材や、腸内細菌のバランスを整える食材、水分を多く含む食事を心がけましょう。

  • 寒天・根菜類・海藻・果物
  • ヨーグルト・納豆・漬け物
  • お茶・白湯など

生活面では、排便のタイミングを逃さない事が大事です。

朝食後に時間を決めて、トイレに座る。仕事中でも我慢をしないなどの工夫が大事です。

また、腸への刺激を与えるための軽いウォーキングや体操も効果的です。

妊娠中は胎児への影響が心配されるため、市販の便秘薬の使用は要注意です。医師に相談してから使用するようにしましょう。

もちろん鍼灸治療も便秘には効果的です。カラダの水分の流れを正常に戻し、腸の働きを高めます。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top