小児・女性の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

つわり

つわり

妊娠時のホルモン分泌による症状tsuwari

おなかが空くとむかむかしたり、吐き気や臭いに敏感になる症状です。

生理予定日を過ぎて1~2週間くらいから始まり、12~16週くらいで収まるひとが多い様です。全く症状が無い人もあり、症状や期間は個人差が激しいようです。

 妊娠初期の吐き気の原因は、まだはっきりとは分かっていません。受精すると、妊娠を継続させるためにホルモンが分泌され、その変化にカラダが適応するための反応と考えられています。

☆卵巣:黄体ホルモンfrouts

☆胎盤:ヒト絨毛性ゴナドトロピン

また、妊娠は非常に喜ばしいことですが、こころとカラダに大きな変化が起きる時期でもあります。そのため、自律神経のバランスの乱れにより、つわりが起きるとも考えられています。

つわりの対策

つわりは妊娠3~4ヶ月が大変な時期です。吐き気や気分が滅入るなど、つらい時期ですが必ず収まるものです。自分が楽になることを一番に考え、リラックスして過ごしましょう。

・ゆっくりお風呂に入る。

・食べられるものを食べる。

・好きな音楽を聞く。

・鍼灸治療を受ける

味覚が大きく変わるのもこの時期です。今まで食べたくも無かったマ●クド●ルドのフライドポテトや、炭酸ジュースが飲みたくなる方も多い様です。

妊娠初期はお腹の赤ちゃんへの影響はまだ少ない時期です。罪悪感は脇において、「食べたくなったら、食べられる物を食べる!」の姿勢で良いのではないでしょうか?

 また、この時期の骨盤のケアや、自律神経の調整に鍼灸治療は有効です。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top