患者さんの声

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

歩行困難を伴う腰痛の症例

腰部から右大腿への痛みによる歩行困難

83歳の男性の症例です。

当院に来院する8ヶ月前から腰部の痛みがあり、近医にて約半年間、週3回のリハビリ(通電治療、腰部牽引、痛み止め)を続けていました。しかし痛みは徐々に強くなり、臀部から大腿後面の痛みが強く、歩行困難を感じていたところ、家族の勧めで来院されました。

検査

姿勢は腰部の後弯(上体が前屈)が強く、椅子に腰をかけると肘で体を支えながら座っている上体でした。

腰部の前屈は床から50cm位しか曲がらず、前後左右、どの方向に動かしても腰部の右側と右臀部が痛みます。

ラセーグテスト(下肢挙上テスト)では、約30度の挙上で、ハムストリングの筋拘縮が確認できました。

神経反射テストや知覚検査に異常はなく、腰椎可動域減少と、臀部から大腿の筋の持続的伸展による痛みが原因とみて治療を開始しました。

治療

治療は、腰椎と仙骨の可動域向上の為の治療と、股関節周囲筋、ハムストリングへの針治療、神経筋促通法を行いました。

その他、家庭でできるストレッチの指導や姿勢をサポートするためのキネシオテープなども補助的に使用をしました。

3回目の治療で大腿の痛みがなくなり、5回目の治療で腰部の痛みもほとんど気にならなくなった為、6回(約1ヶ月)で治療を終了としました。

現在は、健康管理の為の月1回の来院をされています。

 

この患者さんは30年前から、抗鬱薬を服用されていました。

身体症状へのアプローチも行いましたが、メンタルサポートの重要性も認識をし、痛みがなくなってからの楽しみについて盛り上がったり、冗談を言ったりしながら治療を進めました。

これから旅行に、お孫さんの婚活に忙しい毎日を送る予定だそうです。

腰部・大腿の痛みによる歩行困難の症例

腰部・大腿の痛みによる歩行困難の症例

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top