腰部・臀部の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

筋・筋膜性腰痛

筋・筋膜性腰痛

筋肉の炎症による痛みです。

症状と原因

筋・筋膜性腰痛は、腰の周囲の筋肉と、筋膜の炎症による腰痛です。

私達の腰には沢山の筋肉があり、「曲げる」「伸ばす」「捻る」「支える」等の働きをしています。

腰部の筋肉

腰部の筋肉

これらの筋肉が、何らかの無理なストレスにより損傷し、炎症を起こし、循環不全に陥ることで筋筋膜性腰痛が引き起こされます。

急性の場合→使い過ぎによる疲労や、スポーツなどの衝撃で、筋組織の損傷が起き、急な痛みを引き起こします。

慢性の場合→不良姿勢による長時間の作業や、冷えや運動不足による局所の循環不全により、慢性的な炎症が引き起こされます。

診断と治療

筋・筋膜性腰痛はレントゲン等の画像所見では異常がなく、軽く押すだけでも痛みが出るのが特徴です。腰部の筋肉~臀部の筋肉にかけて圧痛が出現します。

急性で、痛みの強い場合はまず、痛くないポジションを探して安静にします(側臥位や仰臥位で膝を曲げると楽かも?)。痛みが治まったら、動かせる範囲で少しずつ動かしていきます。

腰部の痛み

腰部の痛み

熱感がある場合は、アイシングも効果的です。

通常、徐々に痛みが治まっていく症状ですが、下肢の痺れやどんな体勢でも痛みが変わらない時は、早期の受診をお勧めします。

筋筋膜性腰痛の症例(35歳運送業)

自宅で、庭の草取りをしていて立ち上がった瞬間に激痛を感じ、起き上がれなくなった。2~3時間後に、体が動かせるようになったので、来院した。

来院された時は、痛みとまた痛くなるのではないかとの恐怖感で体中が緊張してガチガチの状態でした。まずは、呼吸法をつかった運動で、全身の緊張を解き、鍼灸治療で筋肉の緊張の緩和と血流循環の改善を行いました。鈍痛は残りましたが、1回の治療で通常の日常生活が送れる位回復しました。

このタイプの腰痛は、間違ったカラダの使い方による筋疲労が原因の事が多いようです。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top