四肢の症状

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

鵞足炎(がそくえん

鵞足炎(がそくえん

鵞足筋の牽引による付着部痛

症状と原因

膝内側の筋

膝内側の筋

膝の内側には、股関節-膝-下腿に繋がる筋肉の腱が集中しています。その中でも「縫工筋」「薄筋」「半腱様筋」の腱の集まりを鵞足(ガチョウの足ひれのようにみえませんか?)と呼んでいます。

鵞足炎はこれらの腱がこすれて炎症を起こし、痛みを引き起こす症状です。

膝の曲げ伸ばし、方向転換で捻る動きをした時、鵞足部を押したとき等に痛みがでます。

鵞足炎の原因としては、X脚(内また)、回内足(かかとが内側に傾いている)、膝の内側に負荷のかかる運動、足に合わない靴などが考えられます。

診断と治療

X脚

X脚

姿勢と、痛みの出方で判断をします。

鵞足部の圧痛や鵞足筋の緊張があり、歩き方や立ち方、最初に痛みが出た時の状況を判断材料にしています。

半月板の損傷や、変形性膝関節症なども同じような場所に痛みが出ますので、それらの検査も併せて行う必要があります。

基本的には使い過ぎによる炎症ですので、運動を控え、炎症が治まると数週間で自然と治る症状です。

鍼灸治療を併せて行うと、より早く症状が無くなります。

鵞足炎は、姿勢やカラダの使い方が原因で起こる事が殆どですので、一度治っても再発しやすく、症状を取るだけでなく根本的に治すには、鵞足筋に負担がかからないカラダの使い方や姿勢を変えるトレーニングが必要です。

鵞足炎の症例(18歳学生)

バスケットボール部に所属し、毎日練習に励んでいたが、走ったりターンした時に膝の内側が痛くなり、練習も満足に出来ない。シップをしながら練習を続けていたが中々治らない為来院した。

歩いた時に膝蓋骨(膝のお皿)が内側を向いているX脚で鵞足筋の緊張も強く出ていました。

鍼灸治療で筋肉を緩め、大腿の筋肉のストレッチや股関節の角度を変えるトレーニング、足底板の調整を行い、走り方のフォームの改善も行いました。

2回の治療でほぼ痛みが無く練習に参加出来るようになりました。

鵞足炎は、カラダの使い方を変えるだけで良くなる事が多い症状です。

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top