DIY(do it your self)

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

トイレ改装

自然光の差し込むトイレを

最近また、DIYに熱が入る私です。toilet4

何度も改装を重ねている一鍼灸院のトイレですが、今度は窓を作って自然光が差し込む明るいトイレにしてみました。

トイレ改装その①

トイレ改装その②

まずは、換気扇の取り換え。toilet

今までは、正面の壁の中段位にあり、換気能力も??な状態でしたので、ダクト式の換気扇を天井に着けることにしました。

取り付け位置に印を付け、電動カッターで切りこみを入れてから、のこぎりで穴を空けました。

鍼灸室で取り付け経験があるので、以前は半日かかりましたが、今回は1時間程度で終了しました。toilet3

一鍼灸院・換気扇設置

配線は、照明のスイッチに繋げて、照明を点けると、換気扇が回るようにしました。これで消し忘れもありません。

そして、換気扇を取り外して、ぽっかり空いた壁の穴を、今度は明かりとりの窓にします。toilet7

枠木にペンキを塗って、裏からスモークシールを貼ったアクリル板を貼りつけました。

虫や外気が入って来ない様に、周囲をコーティーングしました。

アクリル板も、看板つくりの時は苦労しましたが、今では慣れたもので、思い通りにカtoilet6ットができました。

一鍼灸院・看板つくり

そして窓枠つくり。

最近知ったのですが、窓枠の様に木を45度にカットしたい場合、差し金のメモリを写真の様に合わせると、分度器や45deg計測をしなくても出来るのだそうです。

色んな事ができる差し金、恐るべし!

余った杉板で、窓辺に小さな棚を作りました。

柿渋で黒ずんだ杉板がよくマッチします。toilet5

そして完成!

電気を点けなくても自然光だけで明るいトイレの完成です。

季節によって、お花を飾ったり、窓の裏につたを這わせて、光の調整をしたり、色んな遊びが出来そうです。

toilet4

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top