暮らしの1コマ

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

ファンヒーターカバーの作成

冬が本格的になり始め、我が家のガスファンヒーターの稼働率も上がってきました。

そこで気になるのは現在1歳2ヶ月の息子のいたずら。

ファンヒーターのスイッチが気になり、点けたり消したりを繰り返したり、コンセントを引っ張っったり、温風の吹出口に手を入れたり…。

なかなか目が離せません。

そこで、ファンヒーターのカバーを作り事にしました。

柵で囲う事も考えたのですが、場所を動かして使うこともあるので、やはりカバー。

格好いいのができました。

倉庫にあった端材を使って作ってみました。

角材で枠を組んで、両サイドに化粧ベニヤ、天板と正面は薄い杉板を加工して作りました。

最初は全面に板を貼っていたのですが、温風がカバーの中に籠もって、温度が上がらなくなった事で、吹出口を開けました。

吹き出しには細いワイヤメッシュで手が入らないようにしています。

設置すると目論見通り、操作ボタンは押さなくなりましたが、天板を叩くとポンポンと良い音がするので、今度は騒音被害が…。

試行錯誤は続きます。

 

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top