DIY(do it your self)

一鍼灸院の想い

一鍼灸院は、平成25年5月に、名張の地で開院いたしました。  開院当初から皆様に愛される鍼灸院、そして適切な治療が提供できるように懸命に取り組んでおります。 東洋の叡智に基づく伝統医療である「鍼灸」、解剖学・構造学の見地からカラダの骨格、筋バランスを整える「整体」、カラダの機能を最大限に引き出す「リハビリテーション」を用い、来院された皆様の不快な症状や不安を取り除き、笑顔あふれる日々が送れるようサポートいたします。

自己紹介

一鍼灸院のホームページにお越し頂き、ありがとうございました。

来院方法

当院への来院方法です。

治療方法

鍼灸、整体、リハビリテーション、物理療法のご紹介。

針箱の作成

最近、お気に入りの道具を入れる入れ物をつくるのが密かな趣味となっています。

先日作成したGrastonのアタッシュケースに続き、最近使用頻度の高い皮膚針のケースを作ってみました。

皮膚針とは、通常の皮下に刺入する針と違い、皮膚表面を専用の道具で圧迫したり、擦ったりする治療器具です。

金、銀、銅、チタン、鉄など、様々な金属が使われており、金属自体が発する微弱な刺激も治療効果を左右します。→ささない針・てい針

子供や刺激に過敏な方に使うことが多いのですが使用用途の多い治療道具です。

通気性の良い桐の木箱を手に入れたので、そこにレザーを貼った中敷きを入れてみました。

そして各皮膚針にあったストッパー(髪の毛をくくるゴム)を着けて完成!

簡単な作りですが、使いやすく道具を傷めないので気に入りました。

また、今まではプラスチックのケースを使っていたのですが、この趣のある木箱から出される道具の方が同じ道具でも有り難みがありそう(笑)。

また使いながらアップデートしていきたいと思います。

2017-07-04 14.10.21

URL
TBURL

記事へのコメント

*
*
* (公開されません)

FACEBOOKでのコメント

診療カレンダー

当院は予約制です。
研修会や、出張などで不在のこともあります。
事前にご連絡の上、お越しください。

Return Top